クラブハウス

ゴルフはすべて、ここから始まる。
そしてすべてのゴルフが、ここで終わる。

クラブハウスとはゴルファーにとって、コースの一部だと言っていいのかもしれない。
その佇まいが、創始者のマインドを語っている。

そしてその“すべて”とは…。
ある者にとっては“戦い”であり、そしてあるものにとっては“慈しみ”である。

建物は、船のキャビンがモチーフにされているという。
下関の象徴ともいえる“捕鯨船”。
その伝統、誇りを誇示するかのごとく、威風堂々としている。

すべてのゴルファーをコースに送り出し、そして迎える。
船に港があるように、ゴルファーにはクラブハウスがいつもあった。