HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 18 ホール中最大の難関といえる、非常に距離の長いミドルホールを迎える。だが、難関たる所似は距離だけではない。ティーグラウンドに立つと右サイドに池が見える。かつては左にバンカーもあり、さらに落としどころを狭くしていた (現在、左手にバンカーはない)。まずはティーショット。ティーグラウンドが一段高くなっており、曲げてはならないティーショットを、左右に曲がりやすくしているので要注意だ。またセカンドでグリーンを狙うためには、第 1 打はフェアウェイのやや右側に置くのがベストだが、右に行き過ぎれば OB となる。グリーンは砲台。第 2 打地点からはグリーン面、さらにはサブグリーンとの間のバンカーも全く見えない。大きいクラブで打たなければならない第 2 打、グリーンオンは至難の業といえるだろう。かつてプロの中でも屈指のロングヒッターと言われた尾崎将司でさえ、日本オープンのときには第 2 打を 6 番アイアンで打っていったという。