HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 アウト 2 つめのロングホールを迎える。1 番と同じく、距離はあまり長くはない。この 6 番は、アウトの中でも最も攻めやすいホールといっていいのかもしれない。ここまで続いてきた緊張をやや解き、2 オンを狙ってティーショットから思い切りかっ飛ばしていくのもいいだろう。しかし、油断は禁物である。ティーショットで距離が出れば確かに 2 オンも可能だが、第 2 打地点からグリーンを眺めると、グリーン手前のバンカーが思いのほか効いているのがわかる。また、グリーン右手前にある松も、やはりフェアウェイ方向にせり出しており、スタイミーとなっている。グリーンは、後方に向かって下り傾斜。距離的には 2 オン可能であっても、バンカーをクリアし、なおかつグリーンでボールを止めるためには、ウッドではやや厳しい。グリーン奥は OB 。バーディを狙えるホールではあるが、2 オンだけがバーディへの道ではない。 3 オン勝負のほうが、確率は高いのではないだろうか。