HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 コースハンディキャップによれば、18 ホール中もっとも難易度の低いホールとなっている。14 番は、距離が短い池越えのショートホール。ここはぜひ、確実にティーショットをグリーンに乗せ、バーディを狙っていきたいところだろう。手前の池は縦に長いが、池からグリーンまでのスペースは充分にあるため、池越えのショートにありがちな「グリーンを少しでもショートしてしまえば池」というようなプレッシャーも感じないですむ。アベレージゴルファーでさえも、ピンをデッドに狙ってリスクはないだろう。ただここは、上空を吹く風が強く、池からの気流の影響も受けやすい。風を読み間違えないよう、細心の注意を払うべきである。